返品在庫とどう向き合うか。

はいさい! いずみです。

アマゾンで販売していると、想像以上に『返品』が多いです。

「普通は返品しないでしょ!」っていうパッケージの

ダメージとかの返品は普通で、明らかに使用済みなのに

ムリヤリ理由付けされて返品されることや「やっぱいらない。」

みたいな返品も少なくないです。

そんな理不尽な理由で返品された商品のパッケージが無造作

にビリビリ破られてたりすると、相当ヘコミます。

で、部屋の隅っこに放置されて見て見ぬふりを繰り返して

いつのまにか返品商品の山が出来上がります。

・・・

あれ?僕だけですか???汗

当たり前ですが商品は現金化しないと「ゴミ同然」です。

訳アリになってしまった商品を現金化するには、ご存知

『ヤフオク』が一番手っ取り早いです。

ヤフオクには商品状態には寛大な客層が集まります。

もともと中古品に慣れているお客様の集まりなので

アマゾンから返品されてきた商品なんて、かなり

コンディションの良い『優良商品』ということになります。

なので、ほぼ新品に近い状態ならアマゾン販売価格の

20%引きくらいなら、速攻売れます。

そして、数日後には現金が入ってきます。

キャッシュの回収がめちゃ早いのも魅力ですね。

最近では『Amazon中古ストア』も開設されましたので

もう一度、FBA納品して『マルチチャネル』を利用して

どっちで売れても出荷できるようにしておけば楽チン

です!

ちなみに『マルチチャネルサービス』とは

Amazon倉庫に預けている在庫商品の中から、Amazon以外の

販売経路で受注した商品を、Amazonが代行して購入者へ

届けてくれるサービスです。

今回は返品在庫を例に取りましたが、ビジネスを伸ばしていく

最大のコツは

『イヤだと思う事を真っ先にやろう!』

ですね。

今、パッと考えて「メンドくせ―な。」とか思った

業務を今日、真っ先に取り組むように心掛けたいですね。

ソコこそが今よりビジネスを伸ばしていく最大の課題

そして、成長のキッカケになっているはずです。

じゃ僕は今日、税関で止まってる商品何とかします。

はぁ~。。。苦笑

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

昨日は僕ら夫婦が日頃行ってるところ

でお食事を一緒にして、ビーチを

ご案内しただけでしたが、とっても

感動されているご家族を拝見して

改めて自分たちは恵まれた環境で

暮らしているんだなぁ。とちょっと

反省ちゃいました。

小さな幸せに慣れっこになっては

いけませんね。。。

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ