輸入ビジネスの利益率はROIで考える。

はいさい! いずみです。

今日は天気なんですけど、外は台風の影響ですごい強風です。

さすがに今朝はビーチ行きは中止です。

o0512051213436995120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、昨日の続きですが・・・

一般的に会話でやり取りされている利益率は『売上高利益率』

だと思います。

その名の通り、売り上げに対していくら利益が占めているか?の

数値ですね。

利益÷売上高=売上高利益率で計算できます。

売れた商品単体の利益率がいくらだったか把握するには確かに

『売上高利益率』でもいいのですが、この利益率は基本的に

「いくらの利益が出た」という「結果」を元に算出する数値

と言う意味では、仕入の判断材料としてはベストとは言えません。

そこでおススメしたいのが、『投下資本利益率(ROI)』です。

これは投資した額(仕入)に対して、どれだけのリターン(利益)が

あるかの指標です。

投下資本利益率=利益÷仕入額 となります。

例えば、ROI 25%は、「100万円仕入をすると、利益が25万円出る。」

という意味になります。

〇〇円を投資したら、〇〇円の利益が見込める。というダイレクトな

数値なので、例えば月50万の利益が欲しいなら…

「ROI 25%以上の商品を200万分、仕入れる。」

と、非常にシンプルに仕入判断(予測)が立てやすくなります。

これは以前、海外で投資コンサルタントをしていた実践者の友人から

アドバイスをしてもらった「物販を1つの投資ビジネスとして考える。」

というマインドからきています。

o0500036513437008316

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は彼から投資ビジネスとしてのアプローチを学んだおかげで、

月売上300万円を突破し、その後の利益率も以前より7%も改善

できました。

まずは難しく考えないで、ROIから取り入れてみては

いかがでしょう?

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

金融・投資のプロから見ると輸出入ビジネスは

相当優秀な金融商品に見えているそうです。

こんなにもリスクが少なくて確実な投資対象

はない!と言い切ります。

他業種のプロからのアプローチを聞いていると

ものすごく勉強になりますね。

いまだ彼の足元にも及びませんが。。。苦笑

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ