回転率と回収率

はいさい! いずみです。

さっきまでビジネス仲間とチャットしてました。

彼はめっちゃ勉強熱心で、調べて分からないことがあると

すぐ質問してきます。

そして、相手にちゃんと感謝の気持ちが伝わる表現をする

ことができる好青年です。

こういう人は例外なくビジネスも順調に伸びてますね♪

o0460060413436174208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、答える側もハンパなことは言えないので、調べ直したり

自分の頭の中を整理して考えを一度まとめたりして伝えるので

未熟な僕としても、勉強する良い機会をもらってると思ってます。

で、今日のテーマは回転率でした。

個人の物販レベルで考えると回転率よりは『回収率』の方がシンプル

で分かりやすい指標じゃないかな?と今は考えてます。

投資額(仕入額)をどの程度、回収できたかの数値で、単純に言うと

例えば今月トータル100万仕入れて、翌月末までに100万の入金が

あれば、回収率100%という訳です。

なかには毎月100%越の回収率で資金を運用している凄腕の実践者

もいるとは思いますが、僕から見たらマスター オブ 輸入ビジネス!

僕の場合ですと、目標は80%以上、許容ラインは70%がギリ

危険ラインが50%以下と設定しています。

もちろんこれは戦略や資金によって人それぞれだと思いますが

僕は一応これでチャンと資金は回っているので、基準の設け方

としては一応、間違ってはいないかなと思ってます。

この基準を元に、限りなく100%に近づくように努力し、2か月目に

入ってしまったら、モノによっては損切り(仕入額よりも安く売る)

してでも現金化をする商品も少なくありません。

こういったキャッシュフローを中心に考えていくと『利益率』の考え方

にも、おのずと調整が必要になります。

おそらく、一般的に会話でやり取りされているのは『売上高利益率』

売れた商品の金額の利益が占める割合。だと思いますが、この考え方

だと数字管理は逆にややこしくなります。

では次回は「利益率」はどう考えるか?をシェアしますね~。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

ビジネスを伸ばす為に必要な要素

は色々あると思いますが、彼みたく

「人柄」は大きな武器ですね。

何とか力になりたいと人に思わせる

人間力。。。

本人は気づいてないと思うけど

素直で謙虚な姿勢はオジさん達は

例外なく大好きですね。笑

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ