利益率には期間の概念が必要

はいさい! いずみです。

さて、早いもので今年も残り2か月ちょっとになりました。

ホント早いですね~!!

o0728048413458789762

 

 

 

 

 

 

 

今から冬のボーナス・年末商戦の戦略を考えておかないと

ですね。

11月には年末の仕込みに欠かせないアメリカ最大のSALE

ブラックライデーも控えていますが、本当に買い過ぎには

注意しましょうね。

特にブラックフライデーはつい興奮して、安い時にまとめて

買っちゃえ!ってなりがちです。(去年の僕です。泣)

「やったぜ~、利益率30%だ~!3個買っとこ♪」って、それ

ホントに30%?

僕も含めて初心者の頃、陥りやすいのが利益率に期間の概念

(回転率)がないということです。

o0370045013458790741

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすく言うと…

「利益率30%」で「一か月に1個売れる」商品があったとします。

まとめて3個買いました。

ここに期間の概念(回転率)を取り入れて利益率を算出すると

1か月目に1個め売れる(30日) 利益率 30%

2か月目に2個め売れる(60日) 利益率15%

3か月目に3個め売れる(90日) 利益率10%

完売した時、この商品の平均利益率は18.3%となります。

更には2個目以降の資金回収は次回クレジットの支払い日

を過ぎてからになります。

キャッシュに余裕があって意図して縦積みしているのは

いいのですが、ただ単に「安いから」という理由だけで

商品を縦積みしてしまうと結果、大した利益率でもなく

その上、資金回収が遅くなってしまいます。

ましてや、その商品が季節商品だったり誰でも見つけられる

人気商品だったら、値崩れを起こしていくという最悪の状況

になります。

これをガッツリ去年のブラックフライデーでやってしまった

のが僕です。泣

この程度の利益率の商品なら一か月で売り切れる20%の商品

を一個ずつ、トータル3個買ったほうが、よっぽど資金効率が

良いし、利益率も良い訳です。

「資金を投入したら、それを回収するまでは次の投資に

回せない。」という単純な原則を忘れないで、期間ごとの

利益率も考えながら、まとめ買いするように気をつけましょうね。

以上、僕が繰り返し刷り込まれた「師匠」からの格言でした!

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

10月は天候も安定していて、台風上陸数も少ない。

快適に沖縄旅行が楽しめるベストシーズンです。

ギリギリ海水浴も楽しめます。

ダイビングもこの時期はまだ、水温が23~25度

近くあるので5ミリのウエットスーツで十分

楽しめます!

…なんだけど、6月に痛めた膝がまだ治らない。

今年は一本も潜らないで終わりそう。。。泣

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ