タテ積みの落とし穴

はいさい! いずみです。

日アマゾン⇔米アマゾンの単純転売では

もう利益は出ない!

なんていう話を良く聞きます。

o0480032013547816332

 

 

 

 

 

 

 

でも、僕は未だに日米アマゾン間の単純転売。

同期の仲間達も月商200万までは単純転売で

そこを境にメーカーや卸問屋との直接取引に

特化し実績を上げています。

なので、勘違いして欲しくないのは「直取」

や「タテ積み」を否定しているのではなく

初心者が最も早く結果を出す方法

としてはおススメしない。という意味なんです。

直接交渉や卸問屋からの仕入の基本は

ボリュームディスカウト

です。

「たくさん買うから他の人より安くして~!」

っていうことなので、どうしても余剰在庫を

抱えることになります。

前にも記事にしたかもですけど、大事なこと

なので、何度でも書きますね。笑

例えばここに利益率20%の商品があります。

自分からは一か月に1個は売れます。

価格交渉の末、なんと利益30%取れるまで

仕入価格が下がりました。

なのでまとめて5個買いました。

しかし利益率と合わせて大事なのは回転率です。

利益率に期間の概念を取り入れて

月当たり(30日)の利益率を算出すると

1か月目 1個 販売 30%

2か月目 1個 販売 15%

3か月目 1個 販売 10%

4か月目 1個 販売 7.5%

5か月目 1個 販売 6.0%

完売まで平均すると13.7%

期間あたりの利益率は交渉前より下がっています!

しかも完売するは5ケ月後です。


それなら一ヶ月一個売れる利益率20%の商品

を一個ずつ5種類買ってサッサと一ヶ月で完売

したほうが利益率も資金効率も断然高い。って

いうことになりますよね。

o0550041813547819572

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、直接交渉=タテ積みという手法は資金

が潤沢にある(準備できる)人の戦略だと

考えておきましょうね。

更には…

販売期間が長くなればなるほどリスクも高く

なります。

価格の下落、ライバルの急増、プラットホーム

の方針変更により出品取り下げ etc

苦労の末、10個、20個と積み上げた商品が

このような事態になってしまったらかなりの

損害を受けることになります。

だけど多品種で1個、2個の在庫ならこのような

リスクも最小限に分散でき、大きなダメージを

受けることがありません。

もちろんデメリットもあります。

在庫を積み上げないので在庫切れを起こしたとき

販売機会の損失

が起こります。

けれど、リピート販売が中心になってくれば

過去データを元に事前に適正な在庫を補充する

ことで、それも回避できます。

ただでさえ色んなアクシデントが起こりやすい

初心者の人にとっては、いかにリスクを最小限に

して確実に利益を出すか?ということを考えると

どう考えても『多品種少量のヨコ展開』の手法

をおススメする訳なのです。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

今日はなんだかメッチャ講義っぽく

なっちゃいましたね~。

それもそのはず、これは僕の師匠

から何度も何度も刷り込まれた

利益を出すための大切なポイント

だからです。笑

売上が上がっているのにお金が

残らない、おっかしいなぁ…

っていう理由のひとつですね。

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。