ここまでやって見つからないなら仕方ない。

はいさい! いずみです。

今日は台風ですけど進路はちょっとズレて直撃は

避けられたようです。ホッ。

この前、仲間が「最近、リサーチしても商品が見つからない。」

って落ち込んでたので、どんなリサーチしてるか聞いてみると、

もちょっと掘ればあるのになぁ。っていう何でもない事でした。

喜んでくれたんで良かったです。(^∇^)

大したテクではないですけど、この機会に基本のリサーチから

ちょっとつっこんだ「深堀り」についてまとめておきますので

少しでもヒントになったら嬉しいです。

o0400015913405125182

 

 

 

 

例えばこの商品、水槽のポンプのようですね。

結構売れてますが、あくまで例題なのでこの商品自体が

儲かるかどうかは、まず無視してください。笑

o0800040313401576635

 

 

 

 

 

ASINコードで検策をかけてみましたが米Amazonでヒットしません。

品番が見当たらないので、メーカー名と品名 「Patech Air Pump」

でキーワード検索…

ヒットしません。

今度は掲載画像からヒントを探します。画像をポイントして拡大すると

あった!品番らしき文字を発見♪

o0607066513401580233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RS Electrical RS-390、Patech RS-390、RS-390、RS390

で検索…

まだ、ヒットしません。

じゃアマゾンの外に出て、Googleショッピングでは?

https://www.google.com/shopping

やっぱりヒットしません。

こうなったら最後の手段、画像検索…

o0800073313401582353

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、もしかして…

o0800061913405134422

 

 

 

 

 

 

 

 

ありましたね~!!!

http://www.amazon.com/VicTsing-Aquarium-Oxygen-Hydroponics-Silicone/dp/B00L17INSC

商品リサーチの深堀りの順番としては

①ASINコードで検索

②メーカー名、品番、商品名で検索

③ページ情報の中からヒントを見つける

④Amazon以外で検索 ebayやGoogleショッピング

⑤メイン画像で画像検索

みたいな感じでやってます。

「コレは売れてるし儲かる!」と思ったらトコトン

⑤まで調べましょう。それでも5分かからないです。

ただし!

どれもこれもこんなリサーチをしていたら時間のムダ

なので、力の入れどころには気をつけたいですね。

売れていて利益の出る商品に、こういう時間を使うために、

儲からない売れてない商品の見切りは、日頃からマッハで

出来るように訓練しておきましょう。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ