うちなーぐち、好きです。

はいさい! いずみです。

沖縄では内地とはちょっと違う使い方

をされてる日本語がちょいちょいあります。

o0800060013601855361

 

 

 

 

 

 

 

素材提供:沖縄の無料写真素材館

例えば以前、僕がお店をやってるときに

びっくりしたのは「狭い」の使い方。

フィッティングルームで試着をすませた

お客様に「サイズは如何ですか?」と

尋ねると

「ちょっと狭いね~。」って

よく言われました。

最初はフィッティングルームが狭いのかな?

と申し訳なく思ってたのですが、そうじゃなくって

狭い = 小さい

ということだったんです。笑

そう、サイズが小さい。という意味なんですね。

「~しましょうね。」っていう表現は

内地では

「(一緒に)やりましょう。」っていう相手

に行動を促すlET’Sの意味合いで使いますよね?

でも沖縄のお店とかで店員さんに

「お水持ってきましょうね。」って

言われても、セルフだから自分で持ってきて。

って意味じゃないですよ。

「お水を(私が)持ってきますね。」って

意味です。

「どんなやって」

「〇〇へはどんなやって行く?」

「〇〇へは、どのようにすれば行けますか?」

「だからよ~。」ってうのは

「そう、そうだよね~!」っていう意味。

「あのさぁ~ ふん、〇〇でさぁ~ ふん、」

「ふん」は沖縄の子供たちが使う句読点?

一度に言いたい事を伝えられないので、

話の小休止にふんを使います。

めちゃくちゃ可愛いのですが、いつの間にか

小学生高学年あたりから使わなくなります。笑

こういった使い方の違いを、沖縄の人に説明すると、

「まさかや~!」ってビックリされます。

「まさかや!」=「うそでしょ!」

「うちなーぐち」(沖縄方言)は、ほのぼのしてて

素朴な感じが大好きです。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

明後日は「海開き」だというのに

けっこうまだ寒い~。

もうちょっとの我慢かな?

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。