4月の輸出の結果デス。

はいさい! いずみです。

いや〜、昨日も今日も沖縄は最高の天気でしたね〜!
昨日はGWの合間ってこともあって、ちゅらさんビーチは観光客はほとんどいなかったけど、糸満高校の生徒たちが遠足で来てました。
ビーチでは5色綱引きで大盛り上がり、そのあとはBBQらしいです。そりゃ天真爛漫、素直に育ちますよね〜、こんな環境ですから。

IMG_0802

さてさて、4月の結果報告です。輸入ビジネスのほうは目標売上をキープできていますが、輸出入合わせて売上合計600万にはまだまだ到底手が届かず、輸出が苦戦中です。。。
1月末にはROI 30%以上あったのが3月には20%台、4月は9%。。。泣
円高のリスク回避もあって3、4月は全く仕入をストップ、仕事は価格調整だけだったので、売上は43万でした。泣
それでもやはり放置してても欧米Amazonは売れるな〜!っていう事だけは分かりました。

輸出

急激な円高と1か月半の放置プレイで利益率は最悪の1桁で終わっちゃいましたが、アマゾン輸出の場合、見かけの利益とは別に『見えない利益』があります。

それは『消費税還付』です。

海外で販売する場合は、消費税を消費者からもらえません、なので売上の消費税はおさめる必要がありません。一方で仕入は国内ですので消費税は既に支払っています。還付の申告さえしておけば、輸出業の消費税は全て還付対象となるため、納めた分が戻ってくるという訳です。

普通に物販をやっていれば毎月100万の仕入なんてアッと言う間ですが、そのうちの8万、年間ならおよそ100万がポンッと戻ってくる! これって、かなりでっかいですよね!
そこに仕入の際に「アマテン」などの商品券売買サイトなどを利用して5%引きでAmazonギフト券を買って仕入れれば、更に『見えない利益』が5%上乗せされます。

なので、計算上の利益が0でも、実は13%は儲かっているという摩訶不思議なビジネスが「Amazon輸出ビジネス」なのです。

僕はまだ流石に何百万もの消費税分を一年間プールしておけるほど余裕がありませんが、もし現金が余っていてどう運用しようか?なんて人がいたらAmazon輸出どうですか?
この円高で短いキャッシュフローでは利益が取りにくくなり、毎月の売上の複利で回しているセラーさん達は相当キツイはず。参入者も減少傾向にあります。

投資案件としては相当優秀な金融商品?ですよね。一年後に10%のリターンがあればいいや。っていう余裕のある人は本当におススメですよ〜!

どんな初心者であっても利益率がマイナスっていう事態はそうそう起こらないですよね? なのでリターンを急がない人にとっては、こんなにも手堅いビジネスはないのです。

 

 

【編集後記】
輸出もやればやるほど奥が深いです。。。
でも「売る」という作業だけ切り抜くと、やはり市場の規模の違いでしょうか?
Amazon.comのほうが楽な印象です。まだまだFBA納品出品者も少ないですしね。

為替と市場の動向を見て、また一気に納品します! 早く売上100万くらいには持っていきたいですね。

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。