アマゾン輸入はKeepaをセラーリサーチで使う!

はいさい!いずみです。みなさん、やっと12月の仕込みが終わって一段落しているところでしょうね。

僕も今日、12月分の最後の出荷がやっと終わってちょっと落ち着いてきました〜。ホッ。。。

 

さて、Amazon輸入ビジネスはここ2年位で本当にインフラが整ってきて無料で使えるスグレモノのツールがたくさんリリースされています。

camelcamelcamelやKeepaといったツールもその代表格ですね。

これらのツールには「設定した金額まで、価格が下落したら自動的にお知らせメールが届く。」という便利なトラッキング機能がありますが、僕はこの本来の目的では使っていません。

自分がストックしているASINリストは全て「経費を引いた日米の価格差」「売上推定個数」「競合者数」「想定回転率」を毎日更新して、自動計算するプログラムを使っているので、必要がないのです。

価格のトラッキングには使わないcamelcamelcamelやKeepaですが、リサーチではよく使います。

リサーチした商品が微妙な時、キャメルのキャメライザーという拡張機能を使って、将来的に価格差を生みそうな商品かどうか過去の価格推移を参考にして判断したりします。

ban

 

Keepaもセラーリサーチの効率化を図るために利用しています。

セラーリサーチは本来、セラーさんのストアページの1Pめから商品を順番にひとつひとつ調べていきます。

なぜなら、基本的にはストアページの一覧は、大体そのセラーの売れ行きの良い順に上から並んでいるからですよね。

 

sera

でもそれも「基本的には」、「大体は」 なんです。結局は実際の売れ行きはやはりモノレートを開いてみないと分からない。

そこでKeepaの出番だ~!

Keepaは商品ページ上で価格の推移など様々な情報を提供してくれますが、ある設定をすると・・・

商品一覧ページのサムネイル画像をポイントするだけで、その商品のランキング変動グラフを表示してくれるようになります。

 

例えば、画像のようにLEGOの時計のサムネイル画像をポイントすると右下にランキング変動グラフが現れました。

これで、モノレートに移動することなく、この商品をリサーチするかどうか判断できますので、リサーチ工程のひと手間をショートカットできる訳です。

lego

 

設定はカンタン、インストールしたら拡張機能一覧でKeepaを見つけて「オプション」をクリック。

keepa-%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

アドオンの設定でAmazonの商品の上にマウスを置いた時、・・・の項目を「はい」にするだけです。

gurafu

 

次回は仕入判断で役立つKeepaの便利な使い方を紹介しますね~。
あんしぇー、またうやーさい!

ブログランキングに参加しております。ポチッてくれると、とっても嬉しいです。

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

怒涛の仕入合戦でもう既に燃え尽きた感があります。苦笑

でも、そのおかげで12月商戦の準備は万端!

今年はAmazonのブラックフライデーSALEの効果もあってか

売上も既にいい感じ~♪

一年で一番テンションの上がる月ですよね!

 

個別コンサルの次回募集は未定です。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談は今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

 

 

2 Responses to “アマゾン輸入はKeepaをセラーリサーチで使う!”

  1. おーちゃん より:

    はじめまして~~広島のおーちゃんといいます。
    教えていただけるようでしたらお願いいたします。
    自分がストックしているASINリストは全て「経費を引いた日米の価格差」「売上推定個数」「競合者数」「想定回転率」を毎日更新して、自動計算するプログラムってなんですか?

    あと、アマトピアというツールはよいのでしょうか?
    ご存知でしたらお教えいただけないでしょうか?

    大変恐縮致しますが、なにとぞよろしくお願いいたします!

    • hamanokumasan より:

      おーちゃん、こんにちは! メッセージ有難うございます。
      僕が使用しているのは、お世話になっているFBA納品代行ランドクリエイトさんが提供している
      ビジネスサポートプランの中で会員のみが利用できるランドクリエイトさん開発のツールです。
      各地のセミナーの最後に少しご紹介はしていますが、会員制ツールなので大々的に宣伝していないのです。
      もしご興味がありましたら「スカイプ無料相談」のリクエストを頂ければデモしてお見せしますね。
      お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ