リサーチは砂金探し

はいさい! いずみです。

日頃、サポートのお手伝いをしてると

同じ内容を伝えているつもりなのに

人によって解釈の仕方に微妙なズレが

生じてその結果が、大きな差になる

ことがあります。

o0595065213590160906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材提供:沖縄の無料写真素材館

なので、最近はチャットワークやスカイプ

で画面共有して「実演」もしたりします。

するとやっぱり口頭の説明では伝えきれない

ちょっとしたことが、その人の重要な問題点

だったりすることに気づいたりします。

この前もリサーチの実演アドバイスをしてて

「あっ、そこだったの?」って事があったので

ちょっとシェアしときます。

これからはじめる初心者の方にイメージ

してもらいたいリサーチの姿は・・・

『砂金探し』

です。

砂金の沈んでいる川の土砂をザルで

すくい、水を注ぎながら小石をどんどん

取り除き、砂粒を流して、不純物を極限

まで取り除いてから初めて「砂金」を

見つける作業に入ります。

選り分けをしないまま、土砂の中から

小石も砂粒も砂金も全て一個一個取って

は判断していたら、滅多に見つかる訳

ないですよね。

これと同じで、利益の出る商品は沢山ある

んですが、その何倍もある利益の出ない商品

に埋もれてしまっているんです。

なのでこの不純物を効率的に取り除く作業

が非常に重要になってきます。

① 川底の土砂をすくう

並行輸入セラーのリストを作ります。

最低でも50人ほどピックアップしてから

リサーチします。

② 小石をとりのぞく

セラーリサーチの場合、そのセラーの全て

の出品商品を見る訳ではありません。

僕なら商品一覧ページの最初の3ページくらい、

よく見てせいぜい5ページくらいまでです。

それ以上はほとんど見なくてもよい小石や

砂利しかありません。

【関連記事】

売れ行きを探る。

③ 砂粒を洗い流す。

上から順番に一気に5~6Pほどタブ

を開いて見ていきますが、ここでは

「利益計算」はしません!

目視で利益が出るかどうか瞬時に判断、

利益がでそうにない商品はすべてタブを

閉じます。(洗い流す)

④ 砂金を探す。

はじめて残った商品の利益計算を

簡易的にしてみてOKならリスト化。

(キッチリ計算するのは仕入前)

この時点では概算で十分です。

利益のある商品が見つからないという人

は、いきなり④ をしようとしているか

③利益計算をするかしないかの判断が

かなり遅い人が多いです。

何故かというと

自分のルールが曖昧。

なのです。

例えば日本販売価格が2,000円以下の商品は

僕ならタブさえ開きません。

尚且つ、販売価格が2,000円以上で

アメリカ価格が日本価格の半分以下だったら

利益計算をします。

例えば

日本価格3,000円ならアメリカ価格15ドル以下。

このようにルールを決めたら徹底します。

例外はありません。バッサリ切り去ります。

もしもその中に詳しく調べたら利益が取れた

商品があったとしても、そこにたどり着く

までにボツになった何十個の商品の利益計算

に使った時間を考えるとゾッとしませんか?

最初の頃、何度も何度も色んなシーンにおいて

書いてきた『効率化』がリサーチのキモです。

リサーチにおいては

『捨てるスキル』が一番大事なんですよ~。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

はじめ日記代わりにこのブログを

書いてきましたが、最近は担当させて

もらっているコニュニティメンバー

にむけてのメッセージが中心になって

きました。笑

サポート記録ノートみたくなってます。

今日の記事も同じような事は過去記事

に書いてますけど、あんまり気にして

ないです。

メンバーさんに見てもらうためなので。

(…と、軽く言い訳してみる。笑)

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。