FBA納品できない商品をカンタンに見分ける。

はいさい! いずみです。

コンサル生さんから山形のさくらんぼ

を頂きました~。

メッチャ美味しかった〜♪

ありがとね〜! Mさん。

僕が所属している物販コミュニティの

メンバーが最近、5人ほど増えました。

皆さん、初心者ですが一所懸命頑張ってます。

 

はじめての仕入・納品を終えたばかりの方に

多いのですが、せっかく仕入れた商品が、

いざ納品しようとすると

「FBA納品できない商品です」エラー

マジか・・・泣

けっこう、あるあるですよね。

経験を積むと、何となく怪しいな…

って分かってくるのですが、最初は

判断が難しい。

アマゾンのヘルプには、FBA禁止商品

の説明がありますので、まずはそこは

絶対読んでおかないといけないですね。

 

【FBA 禁止商品】

・常温管理できない製品

・食品、食品を含む製品、食品以外で期限表示のある製品

・動植物

・危険物および化学薬品
(ア) 消防法で規定されている危険物第1類から第6類
(イ) 火薬取締法、毒物および劇物取締法にて規制されている製品
(ウ) 輸送が禁止されている製品
(エ) リチウム電池
(オ) 商品に危険を喚起する注意事項が明記されている製品
(カ) 「火気厳禁」、「危険物第○類」等の表記があるもの
(キ) エアゾール製品
(例:スプレー、ムース類など )

・販売にあたり関連省庁などへの届出や許可等が必要なもの
(ア) 医療機器
(イ) 医薬品
(ウ) 酒類
(エ) 金券、プリペイドカード
(オ) 各種商品券、テレホンカード、切手、収入印紙、イベント入場券など。

・ネオジウム磁石及び磁気が他商品に影響を及ぼす恐れのある強力磁石

・ゴールド、プラチナ、銀などの貴金属バー・インゴッド・地金

・金貨・銀貨・銅貨・記念コイン

・古銭・古札

 

上記禁止商品を理解した上でも

商品によって判断は難しいものです。

 

確実なのは、セラーセントラル

から実際に商品を登録してみて

出品できるかどうか試してみる。

といいのですが、それもいちいち

面倒臭い・・・

 

そんなときに便利なアプリが

「Amazon Seller」です。

前にも一度、紹介しましたね。

 

アイフォンの「App Store」で

Amazon Sellerと検索すれば

すぐ見つかりますよ。

インストールしたら日本を

選択してログインします。

「Amazon Seller」のホーム画面で

「商品を販売」をタップ。

 

検索窓にに商品名、ASINコードを

入力して検索。

すると、商品画像の横に「禁止マーク」

が出現!

 

このマークが表示された商品は

「出品不可商品」です。

 

更に「禁止マーク」をクリックすると

詳細情報が表示され、理由が分かります。

どうやら「危険物」に該当するようです。

 

FBAの納品不可商品だけじゃなく

出品禁止商品の判定もできます。

是非、活用してみて下さいね。

 

 

あんしぇ~、またや~さい ♪

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

メンド臭いことを先にするか

後回しにするか?

出品禁止商品の事前調査に限らず

メンド臭いことは真っ先にやった

方が絶対に後々楽なのがビジネスの

定石ですね。

 

 

たま~に集まって和気あいあいと情報交換しましょうね~。
っていう、「ゆる~いつながりの飲み会」です。笑
ときには勉強会もしようと思ってます。
ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

4月に若干数の個別コンサルをお受けしておりましたが、すぐに埋まってしまいました。汗
募集再開は今月の予定ですが、おそらく2、3名の若干数の予定です。ご興味のある方は事前にご連絡下さい。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談も今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ