売れ行きを探る。

はいさい! いずみです。

「はまひるがお」はこの時期、海岸沿いの砂地に咲く花です。

この花を見ると「夏が来たな~♪」と、いつも思うのです。

o0640048013346440781

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「リサーチの基準」について書いておこうと思います。

まずは仕入候補の商品リストを1,000件集めよう!

とお話しました。

じゃ実際にどんな商品をリサーチしてリストにすればいいの?

ってことなんですが、その基準は

『売れている商品』

次に

『利益の出る商品』

かどうかを見ます。

利益が出る…が2番目なのは理由があって、利益の出る出ないは

常に流動的なものだからです。

以前、TAKEZOさんにお話を聞いたときに、凄く分かりやすい

例えをされてましたが、モグラたたきゲームのモグラのように

商品の利益は出たり引っ込んだりしてます。

o0400040013349494398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、僕らはしょっちゅう出たり引っ込んだりしてるモグラを

沢山集めて、仕入前にひょこっと出てきたモグラを叩く訳です。

それで、その商品がどれくらい売れているかを調べる方法として

ランキング情報サイトを利用します。

アマゾンのランキング変動を調べる有名な2大サイトとして、

プライスチェックとモノレートがありますが、つい先月のGW

あたりだったか、突然、プライスチェックがサーバーダウン

して、それ以降、データがぶっ飛んで、正確な情報が取れない

商品が多く、今のところ非常に使いにくいので、

当分はモノレートの使用をおススメします。

(僕はプライスチェック派だったんだけどな~泣)

http://mnrate.com/past.php

アマゾンは単純に売れれば大きくランキングがUPします。

そのランキングが上下する山(モノレートの場合は谷)の

数をカウントすると売り上げ動向をつかむことが出来ます。

下の折れ線グラフがランキングのグラフになります。

o0787044413349218697

 

 

 

 

 

 

 

この商品だと3か月で谷が18回できてますので、最低でも

18個は売れたという事になります。

更に直近30日だと5回の谷があるので最低5個は売れてます。

『売れている』の基準は人によってバラバラだと思いますが

僕の場合は、最低ラインを「月4個売れていること」としてます。

この商品は3か月平均6個、直近30日で5個なので

合格!です。

自分から売れる商品以外は扱わない!とお伝えしました。

次回は

「じゃこの商品は自分からは一体いくつ売れるんだろう?」

っていう予測の立て方をお話ししますね。

あんしぇー、またやーさい♪

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。