Sma Surfを使いこなそう

はいさい!いずみです。

台風9号が接近中らしいです。

明日は久々に潜る予定なのに、大丈夫かな~?

o0487053413355033228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回の続きです。

需要のある商品ページだけを残したら、次に米国Amazon

で、どれくらいの価格差があるか調べます。

選り分けて残った需要のある商品を、今度は利益が取れる

ものだけに時間をかけずにドンドン選り分けていきます。

そこで、時短の為に、『Sma Surf』 という拡張機能

が登場します。

この拡張機能は、いちいち必要なサイトを開いて対象の商品

を調べなくても、日本Amazonの商品ページに合致したサイトの

ページを一気に開いてくれる超便利な機能なのです。

まずはじめに

『Amazonアメリカ』『FBA料金シュミレータ』のチェックBOX

に✔を入れておきます。

o0376039113355113045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格差を調べたい商品ページでスマサーフの★ボタンを

クリックすると既存ページに合致した米国Amazonページが開きます。

ここで肝心なことは、何度も言いますが、時間をかけて正確な

価格差を算出する必要はない。ということです。

FBA料金シュミレータも一緒に開きますが、正確な経費計算は

仕入前にじっくりすればいいので、ここではほとんど使いません。

なので、この段階では✔を外しておいてもいいかも。

(僕はいちいち外したり加えたりが面倒なので✔付けています。)

o0359040013352391515

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで詳しく利益計算しない代わりに、ある程度『ジャッジの目安』

決めておく必要があるんです。

例えば、

日本カート価格が5000円の商品なら米価格は25ドル以下

などです。

3000円、5000円、10000円、15000円

と節目の金額だけでいいので、あらかじめザクッと決めておきます。

じゃ5000円の商品で買いが25ドル以上だったら、全部切って

いいのね?・・・

ちょちょ、ちょ~と待て、おにいさ~ん!

価格差は流動的なもので、モグラたたきのモグラです。

たまたま今日は頭を出してなかったのかも知れません。

じゃ、どうするか?

そこで『三種の神器』の最後のツール、ラクダさんが

登場となります!

それはまた次回に。

あんしぇー、またやーさい♪

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。