プライスチェイスの使い方

はいさい! いずみです。

今年は行こうと思ってた『一万人のエイサー踊り隊』

そろそろだな~って調べたら2日に終わってました。。。泣

エイサーはこのお盆の時期に青年男女が地域を踊り巡る伝統芸能

ですが、意外にもあの派手な衣装や太鼓のパフォーマンス、躍動感

溢れる踊りは戦後、発展していったものらしいです。

沖縄ではエイサーやってるオトコ達は、モテます。笑

カッコいいもんな~!

o0661070513386646155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、輸入ビジネスをはじめたばかりの頃にはリサーチの時に

はまってしまうトラップがいくつかあります。

僕も最初の頃は色んなトラップにハマりました。笑

その代表格は「出品者からお求めいただけます。」です。

例えばある商品が日本価格で4,980円でアメリカは18.75ドル

だったとします。

最近は落ちついてしまってるけど、売れ行きも上々だった様子。

「やった、今よりちょっと安くしたら、またソコソコ売れるかも♪」

ん? 「出品者からお求めいただけます。」という文言。。。

いつものカートボタンは「すべての出品を見る」ってボタン

になってます。

ボタンを押してもカートには入らず出品者一覧へ飛んでしまいます。

o0443037913387628479

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、今の価格ではカートは取れないよ。っていう意味なんですね。

適正価格 (カート取得できる価格)ではないということなので

今の4,980円に合わせて出品しても、たぶんほとんど売れません。

「じゃ、この商品は一体いくらの値段だったらカート取得できるのか?」

を調べるのに、僕は「プライスチェイス」を使ってます。

http://price-chase.com/
o0180018013387640127

 

 

 

 

 

モノレートは最低価格の推移しか分からないけど、プライスチェイスは

僕らが知りたい過去のカート価格の推移を調べることができます。

プライスチェイスのグラフを見ると直近のカート価格が2,280円で、

5/15からはカート取得者がいなくなり、いきなり跳ね上がって

今の値段、4,980円になってます。

o0800056213387637434

 

 

 

 

 

 

 

更にはカート平均価格は2,627円なので、

その値段で出品して利益が取れるか利益計算しないといけません。

ってなると、この商品は今の仕入れ値だと全く儲からない仕入NG商品

な訳です。

絶対じゃないけど、やっぱりカート価格に合わせないと厳しいですね。

「出品者からお求めいただけます。」となってたら、プライスチェイスで

過去のカート価格は必ず調べてから判断したほうがいいかも。

っていう話でした。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ