Amazon直送も考える。

はいさい! いずみです。

今日のお昼は『A&W』に行ってきました。

A&Wは、日本国内では沖縄だけにあるハンバーガーショップ。

日本初のファストフードレストランという歴史の古いショップ

だけあって、いつも「おじぃ・おばぁ達」がハンバーガー片手に

ゆんたく(世間話)してます。 アメリカ~ン! 笑

o0491063613379067486

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はハバネロBBQバーガーを頂きました♪

ジューシーパテにオリジナルハバネロソースがHOT!!

肉厚オニオンリング&ベーコンもたまらない(>▽<)

めっちゃくちゃ美味い!!

ハンバーガーチェーンの中ではA&Wが絶対一番美味しい!

沖縄に来た際はぜひ立ち寄ってください。

o0800084313379067488

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転送すると送料が高過ぎてあきらめてしまったり、食品衛生法

などの関係で転送業者によっては転送できなかったりする商品

ってありますよね?

僕が今、メインでお世話になっている転送業者さんは日系なので

結構縛りがキツくて送れない品目が多いです。あせる

そんな時はムリに『転送』を考えないで、『直送』してみる

ことも検討することで取り扱う品目の幅が広がっていきます。

日本まで直送してくれる商品は意外にたくさんあります。

例えば…

【並行輸入品】Cuisinart クイジナートアイスクリームメーカー ICE-30BC/作者不明

僕の転送業者さんでは残念ながら「調理器具」は転送できません。

ですが…

Shipping to の住所を日本の住所にしてみると、$44.62

で直送できます。

o0687042613379071403

 

 

 

 

 

 

重量が6Kgとなってるのでキロ当たり900円の転送料だったとすると

転送料は5,400円ですね。

直送だと、為替レートが123円として5,488円と、単品発送でも

転送とほぼ変わらない送料で日本まで届きます。

しかも『 Estimated tax to be collected 』を見ると、州税は0です。

純粋な国外からの注文なので、697円ほどの州税は徴収されません。

今回の例がちょっと微妙でしたが…苦笑

転送できないモノ、重量の重いモノ、単価の高いモノ、大きいモノ

は一度、『直送』に設定して送料・税金を確かめると、逆転して

「日本に送れる商品」「利益の取れる商品」に変身する商材も

多いので、ぜひ確認してみて下さい。

取扱品目が少ないうちはおススメしませんが、物量が多くなってくれば

「転送」と「直送」の上手な使い分けは、「立派な戦略」になりますよ

っていう話でした。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。