国内メーカー取引でのデメリット

はいさい!いずみです。

突然2週間もの間、プッツリとブログの更新が途絶えたかと思えば、連日の投稿。
そんな「てーげー」な更新で申し訳ないです。苦笑

さてさて、本日はギフトショーに参加して感じた国内メーカー取引のデメリットについてお話したいと思います。

83tigs_o

国内メーカーとの取引はメリットも多いですが、少なからずともデメリットもあります。

〇 法人でないと取引しない。というメーカーさんもある。
1年前の展示会参加の際は個人事業主でしたが、今回は「法人なり」して初めての参加。
やはり感触的には法人の方が有利に思います。
ですが、個人事業主(副業も含め)でも取引可能なメーカーさんもいますので法人じゃないとダメっていうことでは全然ありません。

 

〇 基本、現金払い。クレカやペイパルは利用できません。
なので、ある程度の準備金(キャッシュ)が必要です。
とはいえ、ボクが実店舗をやってた時もそうでしたが、数回の取引を経て信用を得れば「掛け売り」にしてもらうことが可能です。
例えば、毎月1日から末日までに仕入れた商品の代金を翌月15日に支払います。こうなるとキャッシュフローも楽になります。

 

〇 AMAZON 販売 お断り!っていうメーカーはかなり多い。
メーカーは価格崩壊によるブランドイメージの低下を一番恐れているので意外とAMAZONを嫌うメーカーさんは多い気がしました。

 

以上のメリット・デメリットを考えて、輸入転売である程度利益が出るようになって、資金の余裕が出来たら国内メーカー契約を視野に入れていくのは、ぜんぜんアリと思いますよ。

今回は2日間で、15社ほど名刺交換をしたので、後日どうなったか、またシェアしますね。

あんしぇー、またうやーさい!

 

ブログランキングに参加しております。ポチッてくれると、とっても嬉しいです。

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

こんな適当なブログ更新で、メルマガをやってる訳でもなく
それでも今月も3名もの方に「個別コンサルティング」のご要望
のご連絡を頂きました。本当にありがとうございます。

なんですけど、本当に今は時間がなくってマジで無理なんです。汗
大変申し訳ないです。
現在受講中のスクールに力を集中したいので、どうかご理解下さいね。

余裕が出来たら春頃、もしかしたら1〜2名はお手伝いできるかも?
そうなってたらブログで必ず告知しますね。

最近みなさんから「何の塾に入ってるの?」ってよく聞かれるので
それについても次回発表します。こうご期待?笑

 

只今、「沖縄物販の会」メンバー募集中!
たま~に集まって和気あいあいと情報交換しましょうね~。
っていう、「ゆる~いつながりの飲み会」です。笑
ときには勉強会もしようと思ってます。
ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

個別コンサルの次回募集は未定です。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談は今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。