国内メーカー一斉アプローチの検証結果

はいさい!いずみです。

先日、一斉メールを送った国内メーカーの中から

数社と既に取引が進んでいます。

 

1〜4月は、海外メーカー中心にアプローチして

国内メーカーは展示会以外、今回がはじめての

大量アプローチでしたが、海外メーカーと比べて

気づいたこと。

 

まず、取引交渉は国内メーカーのほうが・・・

 

断然、話が早い!

 

電話のやり取りで結果は即日、遅くても2,3日後

には出ますのでストレスがないですね。

人と直接話して交渉するのが苦手。っていう人は

逆に国内メーカーの交渉は少しストレスかも・・・

それでもメールだけで取引完結するメーカーさんも

ありますよ。

個人か法人かは、そこにこだわるメーカーさんは

いませんでしたし、実店舗がないとNGというところ

もホントに少なくなりましたね~!

ただ、平日の昼間にガンガン電話がかかってくるので

副業で日中に対応できない副業の方には少し大変な

面はあるのかな?って感じました。

これが海外メーカーとのやり取りだと自分の空いた時間の

タイミングでメール返信できますもんね。

businessman_gutspose

 

さて、いよいよ取引が決まったらロット条件ですが

意外と少額から大丈夫!

 

これは前にも記事にしましたが、今回もやっぱり

ミニマムは平均で大体3万位(卸価格で)からで、

しかも送料無料です。

海外メーカーだと僕がアプローチを掛けた限りでは

こんな少額で直取できるところはなかったです。

せっかく取引成立しても、最小ロット条件が大き過ぎて

リスクが高く、あきらめたメーカーが何件もあります。

そういう意味では国内メーカーはお気軽にスタート

できますよね!

 

ただしキャッシュフローは良くありません。

海外メーカーだと、PAYPAL決済をお願いすると

手数料負担さえ約束すれば、ほとんどのメーカーが

OKしてくれます。

国内メーカーは・・・

最初の数回は先払いです。

これはまぁ、お店やってるときもそうでしたけど

そのうち信用が出来てきたら掛売り(ツケですね 笑)

にしてもらえます。

それまでは先にキャッシュがでていきますので、

 

メーカー直取引は現金の用意が必要。 

になります。

 

さて、どっちが儲かる?ってなると、どうでしょう~?

国内メーカーの仕切りは大体、国内販売価格の6掛け

が卸値(下代)の平均です。

1,000円の商品なら卸価格は600円という意味です。

そこから諸々の諸経費を引いたら、純利益は

約20%くらいはあるかな?

海外メーカーの場合はというと、そもそも

海外の販売価格と日本の販売価格自体に

既に価格差があります。

そこで利益を得るのが単純転売ですよね。

もちろん海外メーカーが提示する条件は

現地価格からの掛け率ですから、同じ6掛け

でも日本で販売すると利幅は大きくなります。

 

 

僕なんか、まだまだなので確かな事は言えないけど、

 

利益が大きいのは海外メーカー?

 

今のところはそんな感じです。

 

やっと海外メーカー直取の売上が100万超えてきました。

今度は国内メーカー直で売り上げを100万まで作ってみて

再検証してみたいと思います。

その時はまた色々お伝えしますね~!

 

あんしぇ~、またや~さい ♪

 

 

ブログランキングに参加しております。ポチッてくれると、とっても嬉しいです。

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

Amazon輸入転売セミナー
好評につき6月17日 東京 某所で開催決定!

受講対象者は

「はじめたけれど月利10万、月商100万を達成できてない。」

「独立をしたいので、一日も早く月商200万以上売りたい!」

っていう

『ちょっと伸び悩み月利20万以下の経験者の方向けセミナー』

となります。

近日中に詳細はブログで発表致しますね~!

 

 

たま~に集まって和気あいあいと情報交換しましょうね~。
っていう、「ゆる~いつながりの飲み会」です。笑
ときには勉強会もしようと思ってます。
ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

4月に若干数の個別コンサルをお受けしておりましたが、すぐに埋まってしまいました。汗
次回の募集再開は未定ですがご興味のある方はご連絡下さい。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談も今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ