仕入判断は利益額か?利益率か?

はいさい! いずみです。

 

さて、今日は「仕入判断」について

お話します。

昨日もコンサルメンバーとミーティング

してたのですが、思うように仕入の量が

伸びない。というのでヒアリングすると

「儲けが少ない商品はスルーする。」

ということでした。

昨日のメンバーは利益額1,000円以下

は仕入れない。と決めていたようです。

 

その商品を仕入れるか仕入れないかは

「利益額」と「利益率」を参照しますが

利益額を優先すると、このような仕入量

が伸びないといった事態が起こります。

 

しかし500円の利益しかない商品でも

利益率(ROI)が30%もあったなら

躊躇なく買わないといけません。

そんな商品が10個あったら、それで

5,000円の儲けです。

100個あったら50,000円の儲けです。

 

なぜ少ない利益額の商品でも利益率

の条件をクリアしていれば積極的に

扱ったほうが良いのかと言えば、

納品代行業者とAmazonのFBAを利用

したこのスキームの場合、僕らの主な

業務と言えば、PCの前でコツコツと

「カートに商品を入れて買うだけ」

だからです。

10品買うのも50品買うのも大した

労働差はないからです。

 

これが自分で商品の梱包、発送、

お客様連絡、入金確認などなど

全ての業務をやらないといけない

なら話は全く別ですが、取扱品目が

どれだけ増えようが作業が急激に

増えるようなことはないのです。

それが、このスキームの最大の

メリットでもあります。

 

他にも初心者が仕入れの際に利益率

を最優先すべき訳に「返品リスク」

の分散。という理由もあります。

初心者の場合、リストが少ないが故に

どうしても高額商品を扱いたがります。

「利益額」がデカいからです。

しかし取扱商品が少ないうちに高額商品

ばかり扱うと返品リスクも高くなります。

一発、高額商品の返品が来るとせっかく

コツコツ稼いだ利益も一瞬で消えてしまう

場合があります。

 

リスクを分散する為にも、利益額が多い

少ないにこだわらず、目標利益率をクリア

した商品は全て仕入れる姿勢が正解です。

 

 

あんしぇ~、またや~さい ♪

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

明日の物販セミナーを終えたら、

みんなでビーチキャンプに行ってきます。

総勢16名の大所帯キャンプ!笑

何が起こるかメッチャ楽しみ〜。

 

たま~に集まって和気あいあいと情報交換しましょうね~。
っていう、「ゆる~いつながりの飲み会」です。笑
ときには勉強会もしようと思ってます。
ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

今月、若干数の個別コンサルをお受けしておりましたが、すぐに埋まってしまいました。
現在は募集しておりません。次回はおそらく10月になります。ご興味のある方は事前にご連絡下さい。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談も今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ