タテ派 VS ヨコ派

はいさい! いずみです。

今日も沖縄の海は最高に綺麗です♪

o0640048013340674550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は『タテ派』でいくか、『ヨコ派』でいくかのお話です。

仕入戦略には大きく分けて

商品を限定して積み上げ、ボリュームディスカウントを効かせる

「タテ派」

多品種少量で、たくさんの商品を基本1個ずつ取扱い、面展開する

「ヨコ派」

がいます。

タテ派は、卸、メーカーに対して積極的にアプローチをかける

直接取引です。

取扱商品を絞り込み、まとめて発注して値引きをしてもらうことで

高い利益率を確保します。

一方、ヨコ派は基本的にAmazon、ebay、ネットショップからの

仕入なので、一般客のお買い物と変わりありません。

だから、大量発注によるディスカウトなどは基本的にありません。

(ebayセラーと交渉して少し安くなることはありますが。)

どっちが良いの?という話ではなく、どちらも一長一短あります。

タテ派は他者より高い利益率で、またそれ自体が、大きな参入障壁

になりますよね。価格競争にも強いから。

しかし一方で在庫ストックを抱えるというリスクがあります。

ヨコ派の仕入は値引きは期待できませんが、多品種少量なのでリスク

を最小にとどめることができます。

基本一個ずつなので何か商品に問題があっても、売れ行きが急激に

下がってもすぐ方向転換できるし、沢山ある商品のうちの一種類

だから何かあってもダメージは最小限に抑えられますよね。

今日お話したかったのは『初心者』の方がどこを目指すか?ですけど、

これはもう間違いなく「ヨコ派」です。

理由は色々ありますが、まず一番大事なことは

沢山の商品を扱い、知識を得て、カンを養う。ということです。

知識と経験のないうちから「よし、この商品はイケる!縦積みしよう!」

とすると正しい判断ができず、ドンドン不良在庫を抱えてしまいます。

最初はお金に余裕がないから「副業」をはじめているはず。

目利きのできないうちから商品を縦積みしようとすると資金ショート

する恐れがあります。

急がば回れ。。。

最初から楽をしようと考えないで、まずはコツコツ、リサーチをして、

できるだけたくさんの商品を扱い、一個売れたらすぐまた補充する

地道な「ヨコ派」で頑張りましょうね。

月商200万くらいまで経験をつめば、目利きもできるようになって

いるでしょうから、その時、再度スタイルを見直しましょう。

と言いつつ、僕は未だに「バリバリのヨコ派」です。笑

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ