『需要がある』という本当の意味

はいさい! いずみです。

ここ数日の沖縄は初夏の陽気。

昨日から扇風機を回して仕事してます。笑
o0640042613614708656

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心者さんのサポートをさせてもらってると

「あ~、昔そうだったな~。。。」っていう

はじめた頃、陥りがちな罠を思い出します。

例えば

「売れている商品を探しましょう!」

「需要のない商品を扱ってはいけません!」

とか言いますよね。

じゃ、例えばモノレートで需要を調べた時、

下の商品で貴方ならどっちが『売れる商品』

だと判断しますか?

【 A商品 直近1か月で15個売れている】

15個売れている

 

 

 

 

 

【 B商品 直近1か月で4個売れている】

 

4個売れている

 

 

 

 

 

普通に考えればAの商品のほうが売れますよね?

でも、『売れている』という事と『自分から売れる』

ということは全く別の問題なのです。

仕入の判断は『需要』と『供給』のバランスです。

Aの商品にカート獲得圏内のFBAセラーが16人いれば

15個/16人 = 0.9個

自分からは一か月に1個も売れないかも。

でも、Bの商品に競合FBAセラーが一人なら自分を

入れて2人、4個/2人 = 2個は売れます。

さすがに月に1個しか売れていないような商品は

考えますけど、

『そこそこ売れてて競合が少ない』

はとっても美味しい商品なのです。

でも最初のうちは数値的な根拠もなく、

「とっても売れてて、みんなも出品してる♪」

ってう安心感だけで仕入れたりしますが

『みんなの選ぶ道はイバラの道』

だという事だけは心得ておいて下さいね。笑

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

 

 

【編集後記】

3月の輸出売上は4,815ドルでしたが

利益率のテコ入れをしてROIで21.55%

まで回復しました。

売り上げ的には輸入と輸出を足して500万

ギリギリ到達しましたので、あとは更に利益率

伸ばしていくための戦略が必要です。

まだまだ、アマゾン輸出では、はじめて2か月

の新米ペーペーです。汗

3月結果

 

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ