ライバルを探せ! 仕入判断のキモ

はいさい! いずみです。

オキナワは今日も快晴です♪

o0512051213350017773

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メッチャ売れている商品を見つけて、自分も

その商品を仕入れたら、メッチャ売れるか

と言えば、そうとは限りません。

大事なことは『需要』と『供給』のバランスです。

月に10個売れてる商品もライバル出品者数が20人

いれば自分からは月0.5個、運が良くて1個売れるかどうか。

なので、売れ行きと同時に「ライバル出品者」の数も

重要ですよね。

アマゾンの購入者の85%以上は「カートに入れるボタン」

をクリックして購入されます。

わざわざ出品者を比較しながら、誰から買うか?など

ほとんど吟味していないということです。

もっというと、お客様は感覚的にカートボタンをクリックし

「アマゾンから買っている」と思ってる人も多いと思います。

o0579037813350333985

 

 

 

 

 

 

このカートボックスを獲得している出品者がライバルとなる

訳ですが、まずこのショッピングカートボックス獲得資格は、

一定のパフォーマンスを到達している大口出品者に付与される

資格なのです。

そのカートボックス獲得資格をもっている大口出品者たちが

ぐるぐる順番にカートを取得して販売している訳です。

言い換えれば「カートを一人占めできない」とこがアマゾン

のいいとこでもあるのです!

o0529031213350090485

 

 

 

 

 

 

大口出品者のほとんどはFBAを利用してアマゾンに

商品を納品し、業務委託してる人がほとんどですから、

基本的にFBAセラー以外はライバルとしてカウントする

必要はありません。

FBAセラーは出品者一覧の価格の下に「✔プライム」と

表記があるかないかで見分けることが出来ます。

で、その一定のパフォーマンス・・・の要件には

配送スピード・配送方法とありますが、これはFBAを

利用していれば、アマゾンが発送するので、みんな

同じ条件です。

他に注文不良率や購入者からの評価など色々ありますが、

比重が大きい要件は、やはり「設定価格」となります。

じゃ、どれくらいの価格がカート取得に適正かというと

カートボックス価格「こちらからも買えますよ」ボックス

の一番高い価格の範囲内になります。

「こちらからも買えますよ」ボックスにはカートボックス獲得資格

のある出品者が表示される仕組みになってるからです。

今、カートを取っている出品者は19,800円、

「ここからもご購入いただけます」に入ってる出品者

の一番高い価格が21,993円。

要するに19,800~21,993円で出品している

FBAセラーがライバルです。

o0377056613350180161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となると、25名の出品者のうちFBAセラーは10名ですが

カート獲得権を持っている競合は6名しかいません。

実際、この商品は売れ行きはそんなでもないですが

分かりやすく、仮に月14個売れているとします。

すると、競合出品者は自分も含めて計7人ですから

14個÷7人=2個は自分から売れてくれるという予測

が立てられる訳です。

ポイントは

FBAセラー全員がライバルになる訳ではないんだよ~。

ということですね。

これだけで仕入判断は大きく変わってきますので

気を付けましょうね。

あんしぇー、またやーさい♪

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ