Amazon輸入 外注さんはどんな人が良い?

はいさい! いずみです。

現在、僕が外注さんにお願いしている仕事は

〇 データ入力

〇 商品リサーチ

〇 ヤフオク・ヤフショ商品ページ作成 & 出品作業

〇 購入代行

〇 ツール開発

です。

購入代行とツール開発はピンポイント。

それ以外の仕事は2名の外注さんに常時お手伝いして頂いています。

そのうちのお1人はもう一年半以上になります。

 

どこで募集する?

募集は「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウド・ソーシング サービスを利用します。

この大手2社で十分ですが、どっちがいいの?と言えば・・・どっちでもいいと思います。笑

依頼の操作がシンプルで扱いやすいのはクラウドワークス、使いづらいけど募集数はランサーズに軍配。

という感じでしょうか?あくまで私見ですけど・・・

最初は2社とも併用していましたが、今はクラウドワークスのみで募集しています。

 

募集方法は?

クラウドソーシングサービスで外注さんを募集する方法は大きく【コンペ形式】と【プロジェクト形式】があります。

プロジェクト方式は募集者の複数の見積もりの中から一人を選別して、約束したアウトプットを納期までに納めてもらう方式です。

この募集方式は任せたい人材をじっくり相談しながら吟味して絞ることができるので安心です。

 

どんな人を採用すればいいのか?

これはとても重要なポイントですが、僕の場合は難しい専門性の高い仕事以外は「フリーランス」を採用しません。

フリーランスは僕の仕事以外も複数の案件を抱えている場合が多く、報酬の高い仕事や早く納品できる仕事を優先する傾向があります。

それは当たり前です、彼らはこれで食べていかないといけないんですから・・・

ただ、僕に限って言えば、途中で報酬条件変更の提示をされたりするのは決まってフリーランスの方で、特にツール開発に限っては納品後のアフターフォローも約束しておきながら納品後しばらくすると音信不通、今まで2名のプログラマーさんにバックれられてます。泣

なので、逆に採用のポイントは「外注がメインの収入ではない人」 「複数の仕事を抱えていない人」と考えています。

 

上記条件を考えると、結果的に1番ベストな外注さんは「小さなお子さんをお持ちの主婦の方」になります。

主婦の方は基本的に旦那さんのお給料が主な収入源で生計はそれで成り立っています。

結婚・出産前は外でバリバリ働いていたんだけど、家事育児で普通に働けなくなり、能力を発揮できる場所がない。

こういう主婦の方々はご自分をとても過小評価されており、「こんな私でも・・・」という謙虚な方が多いのです。

 

子持ちの主婦の方にしてみれば、

〇 通勤しなくても良い。

〇 家事や育児の合間に仕事ができる。

〇 逆に仕事があり過ぎると困る。(家事育児がメインだから)

〇 外注報酬で生活する訳ではない。(合間に自分の都合でやれる仕事なら安い報酬で良い。)

 

まさに「僕たち程度の仕事」をお任せするにはピッタリの人材なのです。

busy_syufu_woman

ちなみに・・・

 

僕を一年半以上ずっと手伝ってくれいてる外注さんは「主婦」の方ですし、他の2名も小さいお子さんがいらっしゃる主婦の方です。

お互いWINWINの関係を持続するコツは「相手の立場を理解する。」ことです。

例えば僕はノルマを設定しません。納期は設定しても絶対ではなく目安です。

それが一番の主婦の方のプレッシャーになる事を知っているからです。

でも、「〇〇さん、出来れば今回、一週間で納品してもらえるとメッチャ助かるのですが大丈夫そうですか~?」

って「頼りにしています。」っていう気持ちを伝えてお願いすれば、ほとんどの方は一生懸命やってくれます。

 

「お金を払っている方が偉い!」っていう横柄な気持ちがどこかにあるとWINWINの関係性は持続しません。

ちょっとしたことですが、大事なことなので参考にしてくださいね。

 

あんしぇ~、またや~さい ♪

 

 

ブログランキングに参加しております。ポチッてくれると、とっても嬉しいです。

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

【編集後記】

たま~に集まって和気あいあいと情報交換しましょうね~。
っていう、「ゆる~いつながりの飲み会」です。笑
ときには勉強会もしようと思ってます。
ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

4月に若干数の個別コンサルをお受けしておりましたが、すぐに埋まってしまいました。汗
次回の募集再開は未定ですがご興味のある方はご連絡下さい。
輸入ビジネスに関するご相談など、30分の無料相談も今まで通り、随時受付していますので、
もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。