Amazonのマルチチャネルを使って販路拡大する。

はいさい!いずみです。

今年は月一で海外に飛んでます。

先月は、韓国にいってきたばかりですが、

今月はタイ、来月はまた韓国、再来月はタイ・・・

そして香港。そしてハワイの予定です。

 

も、もちろん、遊びじゃないっすよ!!

あ、チョットは遊びもだけど、大半は仕事です!汗

 

今年はあんまり海に行けないかもなぁ。。。

 

さて、今日のお題はコミュニティメンバーからも

質問のあった「マルチチャネル」についてです。

マルチチャネルって何?

マルチチャネルっていうのは、Amazon以外の販路、

自社のネトショやヤフオク、ヤフショ、楽天などの

他社プラットホームで販売した商品も『FBA』を

利用してAmazonから配送してもらう代行サービス

のことを言います。

要するにAmazonを「倉庫代わり」に利用でき、更には

他販路で売れちゃった商品もAmazonが発送してくれる。

っていう素晴らしいサービスなのです!

 

FBA納品した商品を他販路でも販売する!

このサービスを利用すると元々、Amazonで販売するだけでなく

FBA納品した商品を「他販路」でも販売してFC倉庫からお客様

へ発送することができます。

 

ヤフオク!で販売してAmazonFC倉庫の在庫から出荷

ヤフショで販売してAmazonFC倉庫の在庫から出荷

楽天で販売してAmazonFC倉庫の在庫から出荷

 

このようにFC在庫商品を多販路で販売出来る。と言う事は、そ

れだけ商品の「販売機会」が増えるということですね。

 

マルチチャネルを利用するメリットは他にもある。

ヤフオク!などで不用品を販売した経験のある方はお分かりですが

当然、商品は自宅にスペースを確保、売れたらピックして梱包、

配送業者に集荷依頼して・・・というのが、ヤフオク!販売の基本。

とても作業時間が掛ります。

 

更にはサイズに合わせた段ボール箱をわざわざ用意したり、衝緩材、

テープなど梱包資材も自分で負担して購入しなければなりません。

 

マルチチャネルを利用すれば、こういった作業時間のカットにも

経費のコスト削減にもつながる訳です。

 

気になる費用は?

気になるマルチチャネルサービス手数料は以下の通りです。

 

 

しかし、2019年7月16日出荷分からは以下に値上がりします。

 

定期的に値上がりを続けるマルチチャネルに、昔からの利用者は

「またかよっ!」って怒り心頭な訳なのですが、それでも冷静に

Amazon物販を中心とした他販路展開を考えると、十分、利用価値

のあるサービスなんですよね~。

だって、自前でこれだけの環境整備しようと思ったら大変だもん。

 

マルチチャネルサービスの利用手順

FBAマルチチャネルサービスの出荷指示や在庫管理は、

セラーセントラルで行いますので、

 

①セラセンにログイン。在庫画面を表示、該当する商品を検索

商品が見つかったらチェックボックスに✔を入れる。

 

②「選択中の1商品を一括変更」をクリック、プルダウンから

「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択

③ 郵便番号、住所、氏名、電話番号など「お届け先情報」

を入力する。

顧客のEメールアドレスを入力した場合、配送業者のお問い合わせ

番号を含んだ「発送通知メール」を代わりに届けてくれます。

右側に移って・・・

④「依頼番号」は任意で入力してください。

「納品書に印刷」の項目で、依頼番号は「同上」にチェック、

依頼日の日付を入れて、コメント欄には

 「この商品の出荷はamazon.co.jpが代行し出荷されます。」

など、Amazonから届きますよ~。って言う事が明確に分かる

ようにしておきます。(150文字以内)

納品書にはAmazon以外の販路の「ショップ名」を印字すること

もできます!

 

⑤セラセンの設定タブから「FBAの設定」をクリック、

「 マルチチャネルサービスの設定」から設定できます。

「編集」をクリックして、出品者名と納品書のテキストを編集。

入力した内容は次回から全てのマルチチャネル依頼時に適用されます。

⑥ 内容を確認して間違いなければ、「続ける」をクリック。

右側のオレンジの枠内で今まで設定した内容を全て確認できます。

手数料も確認できます。

右下の黄色い「内容を確定」をクリックしたら依頼終了です!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

セラーセントラルの操作を一度覚えてしまえば、カンタンです。

無地段ボールの設定も出来ますので、これを設定していないと

購入者さまへは「Amazon」とロゴ入りの段ボール箱で届いて

不信感を与える事になってしまいますので忘れないようにね!

申請方法と注意点については次回、詳しくご説明しますね。

 

あんしぇ、またやーさい!

 

【編集後記】

 

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサルに

ご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」 として、

お問合せフォームよりご連絡ください。

無料相談の受付は下記の『お問い合わせ』はコチラから

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ