先手必勝!評価依頼

はいさい! いずみです。

今日も朝から天気が良かったのでビーチで読書してから

午前中は病院へリハビリに行ってきました。

絶対、8月までには治したい! 夏が終わってしまう~!

o0483055113378130539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、悪い評価(普通を含む)を出来るだけ未然に防ぐには、お客様の

評価の前に積極的に自分から連絡するのが一番だと考えてます。

何かというと『評価依頼』のことです。

当店を選んでお買い物して下さったお礼と合わせて・・・

もし何か問題があったら評価の前にメールで連絡下さい。

必ずご満足頂けるよう最後まで誠意をもって対応します。

として、まずは評価の前に「連絡をもらえるよう」促します。

そのあと、問題がなかったら評価してくれるとめっちゃ助かります。

ご協力お願いします!として、

Amazonの評価基準については以下を参照下さい。と付け加えます。

————————————–

〇 大変良いと思われる場合は、星5つ
〇 良い場合は、星4つ

〇 普通の場合 (※ amazonでは減点評価) は、星3つ
〇 悪いと思われる場合は 星2つ
〇 非常に悪い場合には、星1つ

※ アマゾンのシステム上、3=普通は『マイナス評価』となっており、

自動的に販売者は評価を減点されます。

—————————————

としておけば、悪気のないお客様は察して下さって3とするところを

4にして下さるはずです。

o0180018013559755266

 

 

 

 

 

あと、「評価の入れ方が分からないからメンドくさくって入れない。」

というお客様も少なくないはず。

なので、メールには必ず「評価の付け方の手順」も加えておきます。

—————————————

手順1、Amazonホームページの右上にある「アカウントサービス」

手順2、「注文履歴を見る」ク

手順3、該当商品の「出品者を評価する」

—————————————

と、こんな感じで評価催促のメールを出すと良いでしょう。

事前にメールでクレーム連絡をもらうことによって、評価の前に

クレーム対応ができ、悪い評価どころか、逆に良い評価を頂ける

ことも実際に何回もありました。

タイミングとしては商品到着直後が理想ですが、ぼくは毎週土曜日の

「ルーティンワーク」として習慣づけしています。

 

何もしないより「評価の催促」をしたほうが、やっぱり評価を入れて

頂ける確率も確実に上がります。

日頃からコツコツと良い評価を貯めておく努力をしておくことが、いざ

悪い評価が入ったときにダメージを最小限にする最良の方法かも

ですね。

 

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。