なぜ多品種少量が良いのか?

はいさい! いずみです。

僕は、アマゾン輸入ビジネスについては

徹底して『多品種少量のヨコ展開』で、更に

直接取引で仕入れた商品は、ほとんど0に近い

くらいありません。

しかも未だに仕入は約95%以上アマゾンです。

o0705047813546206985

 

 

 

 

 

 

 

それが良いか悪いかは次の機会にしますが

それでも十分な利益を上げることは可能だと

いう事を一年かけて証明してきました。

今、僕がストックしている仕入候補リストは常に

約5,000件。

という事は…

1,000件の商品を管理すれば単純に約80万の

売り上げが立つことになります。

粗利で言うと15万前後だと思います。

僕が初心者の仲間に最初に言うのは、とにかく

仕入候補リストを1,000件集める!

1,000件の商品リストなんて本気で頑張れば

2,3ケ月で集まる数字です。

一日11~12件、探せばいいんですから。

そこをガマンできなくて、少量のリストの中

から売れている商品で、もっと何とか利益率を

上げられないかとセラーにアプローチをかけて

直接交渉して在庫を積み上げたりしようとします。

あるいはネットサーフィンして延々とショップを

探し続け、やっと見つけたショップで送料負担を

下げるために、やっぱりまとめ買いしたり。。。

実は僕が最初そうでしたから・・・苦笑

これ、資金がほぼ用意できていないで始める

人の手法としては最も最悪な方法です。

どうしてもタテ積みというなら、手元に最低でも30万

くらいはキャッシュがあって、その上でクレジットカード

も使えるくらいの資金準備があって、リサーチ時間も

十分に取れてはじめて

「センス次第ではイケるかも?」

というぎりぎりのラインだと思っています。

話を戻すと、センスや資金(あったほうがいいけど)

がなくても最も再現性の高い手法が推薦している

『多品種少量のヨコ展開』

だと言えます。

だって、月商100万の人も月商400万の僕でも

やってる事はほとんど変わらないんだから。

月商500万以上の手法としてどうかは今の僕には

まだ分かりませんけど。笑

でも、初心者の人は月商200万くらいまではヨコ展開

のほうが早いと思いますよ。

次回はこのヨコ展開のメリット・デメリットについて

改めてまとめてみようと思います。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

今、すっごい円高ですね!

確かに一時的には扱える商品も

利益率も上がるかもしれませんが

あんまり関係ないですよ。

安く買えれば、市場の価格も

徐々に下がってくるのでやがて

いつも通りに落ち着きます。

大事な事は今、決めたことを

ブレないでやり通すことですね~。

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。