タイ仕入れ商品リサーチ ヤフオク!編

はいさい!いずみです。

毎年なのですが、夏が近づいてくると

友人、知人からの連絡が急に多くなります。

 

「いついつに沖縄行くから案内してね~!」

っていう連絡です。笑

 

今年はメーカー直取のお師匠さんのスクール生さん

ご一行や、タイから義妹夫婦もダイビングで来るし、

今年もWTCキャンプの会やるし、従兄弟も来るし。

今年の夏も早くもイベントが忙しそうな予感。

 

去年からイベント業といいますか、海関係も

仕事として始めたので有難いっす ♪

 

オークファンプロPlusでヤフオク!をリサーチする。

さて、今日は実際にキーワードを使ってヤフオク!

でタイ仕入れ商品を探してみます。

 

キーワードリサーチの方法

まずは「データ分析」タブから「データ分析」を選択

キーワードを入力します。

 

今回は「カービング」×「財布」で検索してみます。

 

すると、「カテゴリ分析」「開催日数分析」「曜日分析」…

何曜日、何時にどこのカテゴリに出品したらいいか?など

詳細情報が表示されるから、ここもチェックしておいて下さい。

 

ページ最下部までスクロールしたら「落札商品をもっと見る」

クリックして商品一覧を表示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「CSVファイル形式でダウンロード」ボタンをクリック、

CSVシートをダウンロードします。

 

出力したCSVシートの項目にフィルタをかけて「商品名」で

並び替えします。

赤枠や緑枠の商品が沢山落札されている=人気がある。

と言う事が分かります。

ここで大切なポイントは商品を「個体」で捉えないで、

グループ分けして考えます。

 

現地仕入では「全く同じ商品を探す。」ということは

困難です。

どういう特徴の商品が売れているのか?グループで

捉える。ということが非常に重要になってきます。

 

次に「価格」を降順に並び替えてみます。

すると高額で売れている商品の特徴も「個体」ごとではなく

「傾向」で捉えていきます。

リンクURLをクリックして「高額になる商品」の特徴を

しっかりと分析しておきましょう!

 

セラーリサーチの方法

タイ仕入れでも最も効率よいリサーチ方法は

やはりセラーリサーチです。

センスが良くてたくさん売っているセラーを

見つけてマネをしていくのが収益を上げる

一番の近道です。

 

今度は「クロコダイル」「長財布」という

キーワードでトップセラーを洗い出します。

 

データ分析タブから「データ分析」を選択、

キーワードを入力して検索ボタンをクリック。

 

クロコダイルの長財布を扱っているセラーさんが「売上順」

に表示されます!

「過去30日の落札品一覧詳細を表示する」をクリックして

過去30日分の販売済み商品データを表示させます。

 

「CSVファイル形式でダウンロード」ボタンをクリック、

CSVシートをダウンロードします。

 

出力したCSVシートの項目にフィルタをかけて「商品名」で

並び替えします。

オレンジ枠、緑枠、赤枠といったたくさん落札=人気がある。

商品が分かります。

 

まとめ

如何でしたか?

タイ仕入れの革製品は基本的に全く同じ商品の

リピートは難しいです。

 

なので、なぜその商品が売れているのか?という

「理由」をキチンと調べてカテゴライズする事が

大変重要になってきます。

 

すると買付代行を業者に頼んだり、OEM商品を

作る時にも「売れ筋のポイント」を的確に相手

に伝えることができるようになります。

 

 

【編集後記】

僕がこうやって行きたい時にタイ仕入れに行って

コミュニティのメンバーと各地で交流出来たり

しているのも、ベースにある「Amazon単純転売」

が半自動で安定して収益を上げてくれているから。

このベースがあるからこそ、ドンドンやりたい事

に挑戦できているのです。

そんなネット物販の基礎の基礎とも言える

「日米Amazon単純転売」の初心者セミナを

やります!

 

5月10日(金)

アマゾン輸入転売初心者セミナー

を沖縄でやります!

セミナーご興味のある方は

下記バナーをクリックして

説明をご覧くださいね!

 

ブログランキングに参加中です。

ポチッってくれるとメッチャ嬉しいっす!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサルにご興味のある方は

お気軽に「無料相談希望」 として、お問合せフォームよりご連絡ください。

無料相談の受付は下記の『お問い合わせ』はコチラから

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ