タイで何を仕入れるのか?

はいさい! いずみです。

タイでテスト仕入れしてきた商品達が絶好調 ♪

ABテストを重ねて出品方法をブラッシュアップ

していけば、もっと売れそうですし、利益率

も上がりそうです、楽しみ♪

 

さて先日はタイのEC・通販の現状をシェアしました。

このように、まだまだビジネスとして活用できるほど

タイのEC・通販周りはインフラが整備されていません。

ましてや、僕らが仕入先としている小売店や卸店は

ネットショップなど、それこそ皆無です。

だからこそ、それ自体が非常に大きな参入障壁に

なっていることも事実です。

 

では実際、タイに行って『何』を仕入れるか?

タイ仕入れ販売で、すぐにイメージできるのは

アジアン雑貨だと思います。

それもアリはアリだと思います。

オリエンタルな雑貨よりアメリカンヴィンテージ雑貨

もいいかもですね、安いし、リピートもしやすいですし。

特にアパレルはタイ仕入れの王道

だと思います。

サルエルパンツにはじまり、Tシャツ、サンダル、水着

ワンピース、アクセサリーなどなど・・・

個人的に「メッチャ利益でそうじゃ〜ん♪ 」って

思ったのは『古着』ジャンル。

お店を回っていると、僕にとっては宝の山でした!

特にアウトドア系ブランドのアウターやブーツは狙い目!

タイ在住の義妹ちゃんに聞くと、なにやらバンコクから4時間

かかるのですが、カンボジア国境近くに「ロンクルア市場」

っていうアパレルの巨大市場があるらしいです。

そこではもっとお宝を安くゲットできるらしく、アメリカ

仕入れの日本人や欧州バイヤー達からも最近、人気急上昇

らしいのです。いつかは行ってみたい!

ただ、古着はリピートが効かない特殊なジャンルなので

出品作業が大変ですし、年に何回も現地入りしないと

難しいかもですね。

 

とにかく注意したいのは・・・

一般的な輸入リサーチでも言えることなのですが、

現地仕入れを自分の勘や自己判断でやってしまうと

だいたい失敗します。

何となく売れそうだと思う。とか、これ好き!

とかっていうフワッとした感覚的な仕入れは

絶対にやめましょうね。

 

あとは『どこのプラットホームで販売するか?』

でも商品選定は微妙に違ってきますしね。

ヤフオク! メルカリ 楽天 Amazon・・・

各プラットホームで売れ筋のタイ商品には

やはり微妙にズレや特徴があります。

 

メルカリは単価低めのレディス・アパレル

とかアクセサリーと相性が良い。とか・・

ヤフオク!ではバイカーズ系のレザーものが

メッチャ高値で売れているとか・・・

 

なので、最初は私情を挟まないで、貴方が

販売したいプラットホームで、事前リサーチ

をしてから現地入りしましょう!

次回は、タイ輸入の基本、誰もが導入しやすい

ジャンルについてお話したいと思います。

あんしぇ、またやーさい!

 

 

【編集後記】
タイ仕入れのブログ記事が続いているので、

いずみってタイ仕入れに転向するの?って

ひょっとして思っている人もいるかも。

とんでもございません!

タイ輸入は新しい収入の柱にしたいだけで

あくまでサブ的な位置づけ。

絶対、欧米輸入転売やめたりしませんよ、

もったいない!笑

 

こうやって、やりたいとおもったビジネスを

思い立ったらすぐ行動できるのも、結局は

Amazon単純転売がほぼ自動化出来て安定して

収益を生んでくれてるお蔭なんですもん。

そうでなければ相棒と二人で思い立って

すぐ一週間もタイに滞在なんかできません。

 

タイに着いてセラセンにログインしようと

思ったらVPSに接続できない。なんていう

ハプニングがあり、滞在期間中は一度も

セラセンを確認できなかったので、流石に

ちょっと不安でしたが、心配だったのは

お客様からのメッセージだけ。

 

売上はいつも通り、FBAのお蔭でちゃんと

できてる訳です。そこは今や全然心配ない。

有難い事です。

まずは「足元」をしっかり固めていれば

第二、第三の収入の柱を作っていくことは

難しい事ではありません。

基盤はもちろん「欧米輸入転売」です。

 

ランキングに参加してます。

ポチッてくれたらメッチャ嬉しいっす♪

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサルにご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」
として、お問合せフォームよりご連絡ください。

物販コミュニティWTCと個別コンサルティングにつきましては

久々となりますが、3月より若干名の受付を開始致します。

まずは詳細についてはお気軽に「無料相談」をご利用下さいね。

無料相談の受付は下記の『お問い合わせ』はコチラから

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ