Amazon販売不可在庫のルール変更について

はいさい!いずみです。

皆さん、Amazon兄貴からのメールはキチンとチェックしてますよね?

Amazonの規約やルールはころころ変わりますので、そんなの知らなかったよ〜!汗

なんてことのないように気をつけましょうね。

今日は「販売不可在庫のルール変更」についてです。

つい先日、Amazon兄貴からこんなメールが届いてましたね。

————————————————————————

出品者様

フルフィルメント by Amazonをご利用いただきありがとうございます。

・・・

販売不可在庫が発生してから返送/所有権の廃棄依頼をAmazonに送信いただく期間が、90日から30日に変更されました。

今後は販売不可在庫の発生をお知らせするEメールを受信されてから30日以内に返送/所有権の廃棄依頼を送信いただけない場合、Amazonが販売不可在庫を30日後に廃棄いたします。

・・・

今後とも Amazon.co.jp をよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jp

 

 

納品不備(商品がむき出し、ラベル貼り忘れ、配送中の破損)や、アマゾンの規定変更によって納品後に販売禁止になった商品、販売後にお客様からキャンセルがあって、開封された商品や不良品など、売り上げが上がってくれば当然それに比例してこういった「販売不可商品」も多くなってくるはずです。

FBA在庫商品についての返送料は標準で51円程度ですから、あまり倉庫に貯めないように小まめに返送をかけましょうね。

 

そもそも30日以上、販売不可商品がAmazonの倉庫に残っている事自体が問題なのですから。

ささっと返送をかけて、メルカリやヤフオクなどで売るか、中古品としてアマゾンに再納品してで売るなり、現金化する習慣をつけましょう。ルール変更により途中で販売不可になった商品なら、返品しないでマルチチャネルを利用して30日以内にヤフオクで売りましょう!

Amazonに出品する並行輸入品はある意味『生鮮食品』みたいなもんです。鮮度が落ちて、キズが付いた商品はどんどん価値が下がっていきますので、1日でも早く現金化する!という意識をもちましょうね。

 

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい!

 

【編集後記】

梅雨明けして毎日快晴の沖縄ですが、最近めっちゃ忙しい〜! 全然ビーチにいけてないです。汗

気が付けば来週にはオンライン勉強会があって、そこでリサーチとかやんないといけないし、勉強会の資料とかも作らないといけないし・・・

でも、忙しいことは有難いことだと思わないといけないですよね。。。と、無理やり言い聞かせる。苦笑

只今、個別コンサルの募集はお蔭さまで定員満了につき一旦休止しておりますが、30分の無料相談は随時受付中です。

もし輸入ビジネスをはじめたいけど不安な事、コンサル内容にご興味のある方はお気軽に「無料相談希望」として、お問合せフォームよりご連絡下さい。

 

inq8_4

 

 

ブログランキングに参加しております。 ポチッって頂けると嬉しいです。

きょうのいずみは何位かな?


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ