販売チャネルを増やす。

はいさい! いずみです。

ここ数日、Amazonでは販売の難しいアパレル商品

や足の遅い商品を、BUYMA、ヤフオク、LINEグループ

などに出品してます。

o0180018013514031149

 

 

 

 

 

 

それで・・・

結構、安く処分したっていうのもありますが

「販売チャネルは多い方が有利」っていう当たり前

のことを身に染みて感じた数日でした。

ヤフオクにいたってはAmazonでは飽和状態になってる

商品が連日落札され、しかもAmazonより高値で売れて

います。

相変わらず中古品は圧倒的に有利だし、ホビー系や

時計はAmazonよりめちゃ足が速い。

Amazonはどっちかっていうと一般的なライトユーザー

が多いけど、ヤフオクはこだわり・マニア系に強いですね。

BUYMAっていうとアパレルだけど、おもちゃやホーム・

インテリア系も実はけっこう売れます。

この辺もしっかりと何が、どんなジャンルが、どこの

販路に向いているのかデータ取りして戦略的に販売

すると効果的ですね。

来年も軸はAmazonにおきながらもマルチチャネルを

フル活用して多角的に販売していきたいと思います。

【編集後記】

ヤフオクは〇〇、バイマは□□っていう

固定概念は捨てて、取りあえず出品して

データ取りしてみると、穴場的ジャンル

カテゴリーを見つけたりします。

パイは小さくても、需要に対して圧倒的

に供給が少ないと、それなりに売れていく

商品も多いですね。

ちょっとズラして、皆が出品していないモノ

をテスト販売してみると面白いですよ。。。

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ