法人のタイミング

はいさい! いずみです。

沖縄では毎年1月下旬から2月上旬まで

ムーチービーサー(鬼餅寒)といって

南国沖縄がどんなに暖かくても、この時期

だけは毎年ほんとにシッカリ寒くなります。

これから観光に来る人は寒さにビックリ

するかもですね~。

o0544036413537904350

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は独立のあとに考える法人化

についてです。

事業者は消費税を支払う義務がありますが

消費税免税期間というものがあります。

個人事業、法人にかかわらず、最初の2年間

は消費税の支払いが免除されちゃいます。

3期目から徴収されるので、個人事業2期を

終えたタイミングで法人設立すると最大で

4年間消費税の納税義務が免除されるという

ことになりますよね。

僕は2014年 中盤で届け出をしているので

個人のままだと今年から課税対象事業者です。

ただし、個人事業者として2年経過したから

法人にした方が良い場合と、売り上げ規模に

よってはしないほうが良い場合もあります。

僕も何人かの先輩方に相談したところ、

そのボーダーラインが年間所得500~600万と

言われました。

月収50万を超えたら一般的には「法人なり」

のメリットは高いということですね。

ちなみに年間売上に対して8%の消費税を

支払うかというと、そうではなくって、僕ら

小売業者は仕入の時にも消費税を支払っている

から、その分を相殺すると実質は年間売上の

1.8%くらいの徴収額になるそうです。

年間 4,000万の売上だと70万くらいです。

アドバイスしてもらった話をまとめると

月商350万 以上

月収 50万 以上

が「法人」を考えてみるひとつの目安に

なりそうですね。

次回は「法人のメリット」について

考えてみたいと思います。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

僕らのビジネスは普通にやってても

スッゴイ額の売上高になってしまいます。

中期計画として納税免税が終了する4年後

の明確なビジョンを立てて準備しないと

いけませんね。

このへんはホント頭が痛い。。。

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ