利益計算について

はいさい! いずみです。

今日はいまさらなんですけど、やっぱり

最初に質問される内容の代表格なので

利益計算について書いておこうと思います。

t02200242_0364040013550376344

 

 

 

 

 

 

まず「利益の出る商品」を仕入れる訳ですから、

基本的には単純に以下の計算式で算出します。

利益=販売価格-仕入価格-諸経費

ところが、輸入ビジネスの場合の諸経費は

〇商品代にかかる州税(MYUSのあるフロリダは7%)

〇USA国内送料~Amazonやネットショップから転送業者までの送料

〇国際送料~転送業者から日本までの送料(僕は多めに800円/KG 計算)

〇関税消費税~過去の平均値から僕は11%として大まかに計算します。

〇FBA納品送料~FBA倉庫に納品する場合にかかります。

〇FBA手数料~Amazonに支払う経費 FBA料金シュミレーターで計算

と、ざっとこれだけあります。

経費の中で質問が多いのが国際送料をいくらにするか?

ですが、物量と取扱商品によってかなり違います。

最初はMYUSなら1,000円/KG くらいの計算でよいと思いますが

数回、転送したら、MYUSのアカウントからHistoryのINVOICE

をクリックしてで実重量を確認、送料を割って大まかな目安

を付けておくと良いと思います。

関税についても同様に平均値で概算します。11~12%で計算

すれば大きな誤差はありません。

これをエクセルなど表計算ソフトで管理していくのですが、

さすがにこんな細かい計算を一個一個計算しながらリサーチ

していてはキリがありません。

シッカリと計算するのは仕入前だけで十分です。

リサーチの段階ではざっとプラスかマイナスかだけ瞬時に

判断し、どんどんリストをためていくことをおススメします。

その為に、どれくらいの価格差があればリストアップするか

「おおまかなルール」を決めてリサーチします。

僕なら需要があって、ざっと見てマイナスにならない

ならリスト化します。

リサーチの段階ではこうやって機械的に振るいにかけて

残ったリストは仕入前にエクセルで再計算して仕入れるか

どうかを判断します。

エクセルに関数を組んで数値さえ入れれば自動計算される

ように管理表はしっかりと作り込んでおきましょうね。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

沖縄の冬は意外と寒い。。。

今年は特にですけど、まず

十分な暖房器具をどこの家庭も

準備していないので、家の中は

メッチャ寒いのです。

うちも電気ストープだけです。

ここ最近のようにめちゃくちゃ

寒いと石油ファンヒーターや

コタツとか欲しいな~と思うの

ですが、数日の事なので毎年

スルーしてしまう。

そして家の中で凍えています。笑

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ