仕入の価格帯をどう考えるか?

はいさい! いずみです。

11日は恒例の大綱引きですね~!

1450年ごろから始まったとされる那覇大綱引きは

幸せと平和を引き寄せ、家庭円満、商売繁盛、

子孫繁栄、無病息災を願う沖縄の伝統的文化行事です。

今年は久しぶりに観に行こうかな~♪

o0800053113448712583

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、本日は仕入商品の価格帯をどう考えるか?です。

単品の利益額を考えて高額商品を扱いたいから5,000円以下

の商品は仕入れません。。。

最小限の労力で最大限の成果を生む為に、これもひとつの戦略

だと思います。

特に自社発送のネットショップやヤフオクなどのプラットフォーム

を中心にビジネスを展開している方は有効な戦略の一つですよね。

一方で、僕らがやってるamazon輸入ビジネスの特性を考えると

『仕入価格帯の下限を上げる』

事自体は、今のところ、僕はあまり必要性を感じていません。

特に月売上200万満たない実勢者の方にはおススメしません。

なぜなら、取扱商品が100品目であっても1,000品目であっても

amazon販売においては、基本的に日々の作業にあまり大きな差

が生まれないからです。

FBAを利用して、納品代行業者に外注していれば、一切の雑務

(荷物の荷受け、点検、シール貼り、梱包、発送、お客様への連絡)

をしなくてすむのですから、

取扱品目が増えても雑務に追われるような事はないのです。

このamazon輸入ビジネスの最大のメリットを理解しないまま

月商200万満たないうちから「僕は高額商品オンリーでやります!」

とか「利益が500円以下の商品なんて扱ってられないよな~!」なんて

贅沢な仕入をしていては、いつまでたっても売り上げは伸びません。

考えるのは利益額ではなく、ましてやその商品を見つけるまでの

自分の労働価値でもなく

『投下資本利益率を厳守した積み上げ』です。

利益額が500円だろうが、目標にした利益率が30%で、それをクリア

しているなら、それは扱うべき商品です。

その商品にかける労力なんてカートにポチッと入れるだけです。

あとはアマゾンと外注業者が一切をやってくれます。

大した根拠もなく、なんとな~くスルーしてきたそんな商品が10個も

あれば利益5,000円の商品を一個、わざわざ仕入れなかった事と同じ

理屈になりますよね。

目標の利益が30万(投下資本利益率30%)なら、仕入れ商品価格

に関係なく、2,000円だろうが、20,000円だろうが、ひたすら仕入累計

が100万円になるまで仕入れることに徹底することが目標達成の

一番の近道じゃないかなって思ってます。

なので、利益率をクリアーしていれば高い安い関係なく

ドンドン仕入れましょうね。

そうすることで、実は他にも色んなメリットを享受できるように

なりますよ~。

次回はその辺をまとめたいと思います。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

13日にちゅらSUNビーチで

ネット物販プレイヤー達の

交流会 BBQ大会があります!

僕がフォローさせてもらってた

新人メンバーさんの月商100万

達成のお祝いも兼ねてます。

さんざんチャットやスカイプ

でやり取りしてきましたけど

実際に会うのは初めてなので

楽しみです♪

で、ちょっと緊張しますね。笑

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。