カート獲得率に異変???

はいさい! いずみです。

最近、あちこちのコミュニティやAmazonのフォーラム、

ブログなどで話題になっているカート獲得率の異変。

ある日突然、極端にカート獲得率が悪化する商品が

急増しているらしいのです。

o0400034613577491107

 

 

 

 

 

 

 

 

カート取得セラーと比べても出品価格も同じなのに、

カートが取れない。評価だって決して悪い訳ではない。

それまで順調にカートの取れていた商品がある日を境に

一桁に、ひどいと0%っていう商品があるというのです!

アマゾンのカート獲得率のアルゴリズムに変更はない

らしいですが、今までのように同じ条件下のセラーが

平等にカートを回す。っていうのは通用しない方向に

向かっているかのような。。。

しかし、これも『amazonのみぞ知る』解けない謎な訳で

僕らで今やれることには限界があります。

一番怖いのは売れない理由を、そのままウワサのせいに

してしまい問題解決の努力を怠ることです。

カートを獲得のための条件はアマゾンより以下の内容が

公表されてます。

何がどの程度影響するかは、当然、公表されていませんが

やれることをやっていくしかないですね。

〇 価格設定と在庫数

〇 配送速度(FBA出品が有利)

〇 営業期間と取引数

〇 顧客満足度指数

〇 評価

価格設定は出来るだけ毎日、調整しているか?

アカウントヘルスを維持する為にお客様の質問に

24時間以内に回答しているか?

評価削除の依頼をして高い評価率を維持しているか?

などなど・・・

特に価格改定は面倒ですが、ツールに頼りっぱなし

にするのではなく出来るだけ自分で商品を見ながら

日々の微調整をするほうがいいと思います。

ただし、カート獲得できないからと言ってむやみに

値段を下げ、価格崩壊の引き金を引いてしまわない

ように注意しましょうね~!

あとは戦略的に取れる方法としては、やっぱり

急激な変化に強い多品種少量のヨコ展開でリスク

を細分化することが良いみたいです。

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

たまにはセラーセントラルのデータ

も活用しないとですね。

各商品毎のカート獲得率は

ビジネスレポートのASIN別

詳細ページ・売上・トラフィック

で確認できます。

 
 
ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ