アマゾンの急変に対応する!

はいさい! いずみです。

昨日から話題にしているアマゾンのカート獲得率問題。

僕は今、3つのコミュに所属していて、その中で仲間の

実際のカート獲得率の推移や該当商品例など、たくさん

の実例を見る機会をもらえました。

そこで、確かに僕も改めて一品一品を見てみると、

「これはなんかオカシイな~??」っていう商品を

何点か見つけたものの、全体のカート獲得率の推移
o0362016413578027328

 

 

 

 

 

としては、さほど大きな変化はないことに気づきました。

これが実際のショッピングカート獲得率の推移です。

グラフはセラーセントラルの

『価格』 ⇒ 『価格設定ダッシュボード』 で確認できます。

1月前半に一度カクンと下がったまま、ここ一か月

は安定しています。低いレベルで、ですが。苦笑

僕は現在、500SKU前後の商品を扱っていますが

それこそ条件の悪くなった商品もあれば、その逆も

あり、良い商品が穴を埋めているイメージです。
o0180018013578065960

 

 

 

 

 

取扱い数が多ければ多いほど、平均値は安定し、

分母が少ないと悪い影響は全体にかなり作用して

しまうっていうことなのかな?と推測しています。

それにしても、こういうニュースが飛び交う度に

一つのプラットホームに頼りっきりっていうのは

本当に危険だな~っていつも思うのに、未だに

対策を取ってないんですよね~。。。怖っ!

最後まで読んでいただき、にふぇーでーびる!

あんしぇー、またやーさい♪

【編集後記】

あと数日で、あっという間に3月ですね~。

そろそろ沖縄も気候が良くなってる

と思うので、バーベキューでもしようかな?

お時間のある人は是非、参加してみてね。

迷っているより、実際にセラー達の話を

聞くのが一番早いと思いますよ~。

ブログランキングに登録しています。ポチってくれるとメッチャ嬉しいです♪


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ